注文住宅を依頼|私が初めての家主|マイホームをモダン住宅で叶えよう
カップル

私が初めての家主|マイホームをモダン住宅で叶えよう

注文住宅を依頼

家

住宅建築における確認申請とは

注文住宅を建築する際には当然ですがそれぞれの住宅の設計が全く異なります。ですから設計が完成したら役所に確認申請を提出する必要があります。申請の提出は建築会社が行いますが役所などでも建築する住宅が法律を順守しているかといったことを審査し申請が許可されれば住宅を建築することができます。更地に住宅を建築する場合には問題はありませんが既存住宅を解体して住宅を建築する場合にはこの確認申請の許可が下りてから既存の物件を解体する必要があります。もしそれ以前に住宅を解体してしまって新築住宅の確認許可が下りなければいつまでたっても工事を行うことができません。とはいえ確認申請は安全な住宅を保証するものではありません。というのもこれはあくまでも図面上で強度などが計算され許可されるものだからです。工事の工法や欠陥があれば住宅の強度が著しく低いということもあり得るのです。

電気配線工事に関する工夫点

今までに、注文住宅を建築しもっと工夫すればよかったと後悔している項目で多いのが電気配線工事です。電気配線とは照明やスイッチの位置、コンセントや乱ケーブルの配管の位置を決めて設置する工事です。ハウスメーカーの場合事前に基本仕様などとして一部屋に設置されるコンセントの数が決められている場合がほとんどです。こうした数に基づいて各部屋のコンセントを配置するのですがその数を追加する場合には追加費用が掛かる場合も多いのです。注文住宅だからと言って、欲しいところに欲しいだけコンセントを設置するとあっという間に数十万円の追加費用となります。とはいえ住宅が完成してからコンセントを増設しようとすると建築中の倍以上の費用を請求されるケースもあるなど価格面でも損をしてしまいます。注文住宅のメリットを理解したうえで最大限利用することが重要です。