自由に設計する|私が初めての家主|マイホームをモダン住宅で叶えよう
カップル

私が初めての家主|マイホームをモダン住宅で叶えよう

自由に設計する

電卓と模型

住宅を建築する際の注意点

住宅を建築する際の自由設計というとどのようなイメージをお持ちだろうか。多くの人が施主の希望に合わせた住宅を建築できるという回答をするのではないでしょうか。実際に設計事務所や工務店などで自由設計と呼ばれる住宅は施主と設計士など専門の知識を持った人で住宅の間取りについて考えられます。この場合建築基準法などの法律の制限が書かれているだけでこの法律をクリアする範囲で自由に間取りを考えることができます。正真正銘自由設計です。しかし一部のハウスメーカーなどの建築会社によっては自由設計を謳っていても設計に制限がある場合もあるのです。法律以外に会社ごとに決められた制限があり、こうした制限の中で住宅を設計する必要があるのです。場合によってはこうした制限を超えて設計することも可能ですがその場合割高なオプション費用が発生するケースが多いのです。

自由設計建築会社の条件付き土地とは

自由設計を謳う建築会社の中には条件付きの土地を販売している建築会社も存在します。そもそも条件付きの土地というと土地自体があまり良くないイメージを持つ人も多いのですが、その土地に建築する住宅の建築会社を指定している土地のことです。土地自体に問題があるのではなく、むしろ特定の不動産会社や建設会社が売れると見込んで自社で事前に抑えている土地のことです。そのため、より好条件な土地が多いのです。 建築会社が指定されていて自由設計なので住宅の設計はゆっくり考えられるのでとりあえず土地だけ契約してくださいなどと勧められ契約したとします。しかし上に建てる住宅のプランがその建築会社と折り合いがつかず別の建築会社で建築したいと考えた場合その土地に建てることができなくなるのです。そうなると土地の解約が必要になりますが違約金が発生してしまうケースもあり注意が必要なのです。